気になるお金のブログ

金融や投資関連で話題になったり、個人的に気になったことをまとめていきます。

住宅ローンの審査や限度額はやっぱり属性次第なんだけど社長(役員)の信用度は低いという話

住宅ローンの借入枠や借入金利についての審査が可能なスコアリングサービスを、住宅情報サービス大手のHOMESがリリースしています。

www.homes.co.jp

市況かぶ全力二階建てさんで取り上げられていたので知りました

kabumatome.doorblog.jp

こちらでは、「モゲスコア」とよいばれる住宅ローン借り入れに関する信用スコアが算出されています。

ちなみに、信用力をスコア化するというのは、融資の現場ではごく一般的です。
クレジットカードやローンの利用状況なども実はスコアリングされており、クレジットカードの審査などでは当たり前に利用されています。

money-lifehack.com

上記のような感じで、クレヒスと呼ばれています。

 

住宅ローンの借入額・金利のスコアリングサービス

下は、色々と属性を変えてシミュレーションした結果です。

これで色々やってみた結果なんですけど、購入可能資金や金利やらに影響したことを少しまとめていきたいと思います。

 

f:id:hateshared:20170222062534p:plain

 

色々やってみたのですが、おもしろかったのは「就業・雇用形態(役職)」に関するところです。少し意外な結果がでたので、まとめてみたいと思います。

 

1)役員よりは部課長の方がいい

f:id:hateshared:20170222064033p:plain

 

部長(課長)の方が役員よりもモゲスコアが高い。ってかなり差がありますね。適用金利まで下がってます。

 

2)中小企業でも同様の傾向

下は同じ条件で勤務先を東証一部から中小(10名以下)に変更した時のスコアです。

 

f:id:hateshared:20170222063617p:plain

差は少し小さくなったような気がしますが、中小企業でも役員よりは部課長の方が信用力は高いってことになるんですね。

また、上の画像から言えるのは、大手と中小との間では超えられない壁があるってことになります。

参考:勤続年数・勤務先と住宅ローン審査 勤続年数が特に重要

 

意外と社長は信用されないの?

他の条件は全部一緒で役職と勤務先を変更してみただけなんですが、このスコアの違いをどう見るべきかは面白い視点だと思います。役員が信用されない理由は何なのでしょうか?

 

1)大企業のケース

上の画像は東証一部のケースです。役員というのは正社員とちがって雇用されているわけではないです。そのため、雇用の身分としてはやや不安定になります。もちろん、何十年も君臨するような役員の方もいらっしゃいますが、結果が出せないとポイというケースも。

雇用者ではなく、株主に経営を委託されている人ですからしょうがないという部分もあります。だから大企業でもスコアが低くなっているのでしょうか?

 

2)中小企業のケース

中小企業のケースは所有と経営の分離に至っていないケースが多く、クビにされるというリスクは高くないです。同じ規模の会社の部長や課長と比べたら安定性は高いでしょう。

一方で、中小企業のケースは倒産のリスクが高いと判断されるのでしょうか。中小企業の社長などは会社と一蓮托生です。多くのケースで会社の債務(借金)に対しては個人保証が要求されることになるため、倒産=自己破産となるケースも少なくありません。

いくら年収が高くても、預金残高があったとしても、会社に万が一があればそれは借金のカタとなる可能性があるため、リスクがあると言えるのでしょう。

一方で部長や課長であれば、倒産したとしても自分自身の財産を失うことはないので預貯金は維持できますし、転職すればいいだけです。

 

実はこれは常識?

私はあまり知らなかったのですが、これって実は常識っぽいですね。

フリーランスの住宅ローンはフラット35がオススメな理由

自営業・経営者の住宅ローンはフラット35?

どちらもフラット35を押していますが、内容をかいつまんでまとめると、自営業や経営者にとっては銀行の住宅ローンは審査上で厳しいので、与信の対象が物件中心のフラット35の方が借りやすいですよというお話になっています。

ちなみに、フラット35というのは、銀行と住宅支援公庫が共同で運用している住宅ローンで、長期固定金利がウリの半官半民的な住宅ローンです。

 

こちらからは以上です。

個人型確定拠出年金はどこで始めるか?証券会社・銀行選びのポイント

話題の個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)はどこで始めるのがお得なのか?というお話。証券会社・銀行など色々がところがサービスを開始しています。

野村證券などの大手証券
SBI証券楽天証券などの大手ネット証券
三菱東京UFJ銀行りそな銀行などの大手銀行

どこでやればいいのでしょう?

 

結論、手数料が安いとこ

個人型確定拠出年金は特に始めたばかりのころは手数料を最重要視しましょう。

なぜなら、個人型確定拠出年金の最大のデメリットと言える部分が「定額で毎月かかかる手数料」だからです。

 

money-lifehack.com

2017年1月から公務員も加入できるようになりましたが、その注意点で下記のように書かれています。

仮に上限金額を拠出したとしましょう。このときの初年度の掛け金合計の144,000円に対しての手数料率は1.39%~5.35%にも上ります。

 一番安いところでも1.39%、高いところだと5.35%もの手数料がかかるということになります。一方で残高が積みあがった10年後なら0.14%~0.54%となり、割合はどんどん小さくなります。

ということは、個人型確定拠出年金を始める最初のころこそ、手数料にこだわるべきなんですね。

 

1位:楽天証券 とにかくおすすめ

money-magazine.org

今のところでのお勧めとしてはやはり手数料が初年度無料(かつ10万円以上の残高になればずっと無料)の楽天証券が一押しですね。最初のスタートとしては最適と言えると思います。

 

2位:スルガ銀行

次点としては、スルガ銀行。こちらは最初から手数料が無料です。ただし、運用商品のラインナップが少ししょぼいです。

そのため、以下で紹介されているように、運用を考えるのではなく、掛け金所得控除という仕組みだけを活用して節税したいという人に向いているといえそうです。

money-lifehack.com

 

3位:SBI証券

最後はSBI証券。こちらは運用資金が50万円になれば手数料が無料になります。

もともと、ネット証券ではSBI証券だけが401kサービスを提供していましたが、楽天証券に対してスペックで負けているという現状を考えると、あえてSBI証券を選択するメリットは小さくなってしまったかなと思ってしまいます。

 

money-lifehack.com

 

以上、個人型確定拠出年金を2017年になってスタートするにあたってのおすすめの証券会社・銀行選びのコツをまとめてみました。

三井越伊勢丹HDのTOB発表とフライングイナゴの話

kabumatome.doorblog.jp

簡単にまとめると、三越伊勢丹HDがザラ場時間中(取引時間中)に上場企業に対してTOBするよー。と発表。

んで、TOBされるんじゃないかと推測される銘柄が買われるんだけど、結果としてはだれも予想だにしていなかった「ニッコウトラベル」という会社で、三陽商会などを予想して飛び乗った人たちは大失敗という話なんですね。

www.stock-traderz.com

参考サイトも読んでもらうとわかるとおり、TOBは一般的に、現在の株価よりも高い価格で行われることが多いので「TOB価格-現在の株価」で利益が出やすいということで思惑買いが入ったんです。

そしてTOB先として発表されたのは「ニッコウトラベル」

熟年向け海外パッケージ旅行の企画販売。顧客の9割は60歳以上。欧州運河クルーズを自社開発
会社四季報より

うーん、予想外の方向でこれを当てることができた人はいなかったでしょうね……。三越のお客さんに海外クルーズ売るって話なんですかねぇ。

 

安易にソーシャルレンディングを薦めるサイトやブログを信用してはいけない理由

ソーシャルレンディングというものについての広告が目立つようになってきました。

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。
引用元:wikipedia

 つまり、ネットでお金の貸し借りをしましょうというわけです。
日本には「貸金業法」という法律があり、お金の貸し借りを「業」として行う場合には登録が必要になります。

ソーシャルレンディングをやる投資家に貸金業法の事業者として登録してもらうのはまず無理な話なので「匿名組合」という仕組みが利用されています。

www.finance-dictionay.com

別に匿名組合が悪いって話じゃないんですが、匿名組合の場合、「出資先の経営(営業)に関与できない」という問題があります。そのため出資先(投資先)についての情報開示が不適切です。

また、万が一営業者(ソーシャルレンディング事業者)が破たんした時の問題もあります。

 

さらにいえば、時流の問題もあります。いまやゼロ金利政策でお金を借りるのは容易な時代です。そういう時に銀行から低金利でお金を借りるのではなく、あえて、金利の高いソーシャルレンディングで借りる必要性ってどこにあるのでしょうか?

もしかして、銀行からは借りれない信用力が低い会社なんじゃないの?ってうがった見方をしてしまいます。

money-lifehack.com

 

正直、こうした金融商品を安易な言葉でお勧めするようなサイトやブログは信用してはいけないと思います。もちろん、リスクをしっかりと説明した上で紹介しているケースは別です。

僕自身もWEBと金融に関係する人間としてこうしたサービスがもっと洗練されてくるといいなと思いまし、応援したい気持ちはあります。

ただ、公平中立に考えると現段階で運用商品として万人向けではないということは確かです。

ドコモの歩いておトクを辞めた理由。

NTTドコモが提供しているヘルスケアアプリに歩いておトクというサービスがあります。これは一定の歩数ごとにポイント(dポイント)がもらえるというアプリです。

 

www.d-healthcare.co.jp

平均的に7000歩以上歩くならお得とされているアプリです。実際に私も半年くらい試しましたが、月額300円×6カ月=1800円の支出に対して、もらったdポイントは2500ポイントくらいあったので、得か損かで言えば得だったといえそうです。

dポイントは普通にローソンで使えますし、お試し券と交換すれば1ポイントは1円以上の価値で使えるので得できたとは思います。

money-lifehack.com

ただ、やっぱり「わずらわしさ」というのはありました。

 

1)アプリを定期的に開かないとだめという話

歩いておトクは、数千歩ごとにゴールがあり、ゴールした後でアプリを開かないと宝箱がもらえません。アプリを立ち上げる前にゴールを2つ通過してしまうと、1つ目のゴールは無効になってしまいます……。

半年で私は10回以上アプリを開かなかったばかりに宝箱を逃してしまいました。もらえるはずのものがもらえないというのは、ストレスです。

 

2)ゲーム性が低い

ゴールごとに観光地の説明が見れるのですが、さほど読んで楽しいものではなく、このあたりにもう少しゲーム性があればアプリを開いてみようと思ったはずです。

このあたりが面白くないのでわざわざアプリを開かない=宝箱をロストしてしまう…ということになってしまうんですね。

 

 

得か損か?で言えばお得なのでしょうけど、どうしても自分には合わなかったので、1月末で契約を解除しました。

所得税・法人税などの国税のクレジットカード払いは損

2017年から国税所得税や消費税、法人税)などのクレジットカードでの支払いが可能になりました。以下は公式サイトです。

kokuzei.noufu.jp

そもそもなんでgo.jpドメインじゃないの?っていう段階でダメダメな気がするんですけど、これあまり筋が良くないです。

 

納付税額に応じた決済手数料がかかります(最初の1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76円(消費税別)が加算されます。)。  また、分割払い・リボ払いの場合は、別途各カード会社の定める手数料が発生する場合がありますので、ご利用の前にカード会社へお問い合わせください。

money-lifehack.com

分割払いやリボ払いで金利手数料がかかるのは別にいいんですよ。当たり前なんで。
でも、決済手数料がかかるってのはどうなの?1万円で76円ってことは0.76%(税込0.82%)ですよね。結構高い…。

クレジットカード払いができるってことでポイント分お得かと思いましたが、法人カードなら0.5%くらいの還元率のカードが大半なんであんまり意味ないなぁ。

 

やっぱりナナコ払いが最強

最近は国税の納付もコンビニでできることが多いので、それならnanaco払いが最強だと思います。これなら現金納付扱いなので手数料もかかりません。

楽天カードとかリクルートカードでnanacoにチャージすれば1%、1.2%のポイントがそのままもらえるわけですし、こっちの方がお得ですね。

note.credit-119.com

ちなみにnanacoは5枚がけまでできるので5万円×5枚=25万円までなら税金の支払いできまっせ。WAONも同じようにコンビニ払い(ミニストップ)できるみたいだけど、こっちは重ねがけできないからちょっと厳しいなぁ。

ポイント利用でポイントが貯まるdポイントとdプリペイドカードのお得な関係

ドコモのポイントプログラムであるdポイントはドコモユーザーならゴールドランクになれば、なにせ10%分になるので月間の携帯料金が1万円なら年間に12000ポイントも貯まる計算になるわけで、あっという間にたくさんのポイントが貯まります。

今回はそのポイントをより上手に活用する方法として「dプリペイドカード」を紹介したいと思います。

 

dプリペイドカードとは?

money-lifehack.com

dカードのブランドプリペイドカードです。ブランドプリペイドはMasterCardやVISA、JCBのようなクレジットカードの国際ブランドを利用して決済する新しいプリカです。

参考:国際ブランドとは何か? / クレジットカード用語辞典

 

プリペイドカードなので事前に入金(チャージ)しておく必要があるので、プリペイドカードというよりはnanacoWAONなどの電子マネーに近いと言えるかもしれません。

 

dプリペイドカードにdポイントをチャージして使う

使い方としては簡単です。貯めたdポイントはdポイント加盟店で1ポイント1円として使えますが、そのまま使うのでは面白くありません。

ポイントはdプリペイドカードにチャージしてしまいましょう。

 

・本来は使いないポイント払いにもポイントがつく

一番のメリットはこれですね。通常だと使えないポイント利用でのポイントもdプリペイドカードのチャージして利用すれば200円あたり1ポイント(0.5%還元)となります。

 

・dポイントの加盟店以外でも使える

dポイントを消費するにはdポイント加盟店でしかつかえません。
一方でdプリペイドカードにチャージをしてしまえば、MaseterCardが使えるお店なら使えます。

使える幅が大きく広がりますね。

 

 

dポイントクラブでシルバー会員以下の方へ

ちなみに、dポイントクラブでゴールド会員になる方法は下記も参考にしていただけるとよろしいかと思います。
普通にドコモのケータイを使ってるだけだとどんなに頑張っても、どんなに携帯代を払ってもシルバーどまりです。

 

uniatama.hatenadiary.com