読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になるお金のブログ

金融や投資関連で話題になったり、個人的に気になったことをまとめていきます。

ビットコインの最大のリスクはカウンターパーティーリスク(取引所リスク)

 

www3.nhk.or.jp

ビットコインとかの仮想通貨の大きなリスクの一つが取引所リスクだと思っています。

もちろん、ビットコインは時価で取引されているものなので価格の上下によって儲かった損をするという話はあると思います。

その一方で、取引所リスクによって大きな問題が顕在化した事例がありましたね。マウントゴックスMt.Goxです。こちらは、不正によってビットコインがしょうしつしてしまった話ですね。

また、ハッキング等によって取引所が攻撃されてビットコインが盗まれたという事例も少なくありません。

 

ビットコインってセキュリティが高いんじゃないの?

暗号通貨であるビットコインってハッキングとかできないんじゃないの?と思う人も多いかもしれません。じゃあ、なんでハッキングや不正でビットコインがなくなってしまうのか?

それは、多くの人がビットコインを自分で管理せずに取引所に預けているからです。

ちなみに、ビットコインは自分自身でウォレットと呼ばれる仕組みでビットコインの残高を管理する方法と、取引所などの自分のアカウントに預けておくこともできます。

 

取引所は狙われやすい

取引所には顧客から預かったビットコインがたくさんあります。だからこそ狙われてしまうわけです。また、Mt.Goxのような内部半による犯行も問題です。

暗号通貨自体はP2Pネットワークによって管理されていても、取引所はその取引所の暗号通貨を管理しているわけで、その取引所自体がクラックされてしまっては仕方ないわけです。

一人のアカウントをハックするのは割に合わなくても集中管理されている取引所ならハッカーからすれば割に合うということです。

 

取引所に預けたままにしない

解決策の一つとしては取引所にビットコインを預けたままにしておかないということでしょう。個人のウォレットとして管理すればリスクは下がります。

 

結局のところ、ビットコイン(暗号通貨)については自分自身でもしっかりと理解して管理していく必要があるわけです。

 

money-lifehack.com